スポンサーサイト・・・--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月例会・・・2017年04月08日

月例会に初出場し、銀賞(2位)をとった。それより嬉しかったのは金的賞。
的の中心直径1寸の範囲に、30射中11射を入れた。もう一人いたので同点決勝。
中心1寸5分の範囲に2人とも入れたが、私がやや中心に近く、金的賞獲得。

窮屈な対外試合には出ないのだが、気楽にやれるクラブの月例会だから出てみた。
勝てばそれなりに嬉しい。


スポンサーサイト

四半的3・・・2017年01月31日

このところ風邪の後遺症で調子が出ない。
10射パンチアウトも出ないありさま。
今日やっと段階的5射で40点越えを果たしたが時間がかかりすぎ。
今頃はとっくに20射パンチアウトをクリアして、30射パンチアウトを狙っている
はずだったのに。たかが風邪だが、年を取ると回復に時間がかかるようだ。



四半的2・・・2016年11月08日

四半的はアーチェリーのベアボウ(照準器なし)と似ている。
四半的は射距離と的高さが一定で変わらないという点が違う。これによって、
四半的は一定の射型と狙いをきっちりっ作りそれをいつも保てれば当たる。
的は以下の4種類あり、4間半離れた地上10cmの所に置く。

16.10四半的4

競技は一番左の示した4寸半的のどこでもとにかく当たれば1点で30射射る。
競技会に出てくる人は大抵30点取るから、次は2寸半のマトを5射、
勝負がつかなければ一寸半の的を5射。それでも勝負がつかなければ
4寸半を6等分して、内側から10,9,8,7,6,5、点的外4点の6段階の
的を5射して勝負をつけ、優勝者を決めるという手順で行われる。(らしい?)

先ずは最初の30点をいつもクリアする位に腕を上げる必要がある。
確かに弓にも矢にもそれぞれ個性があるらしく、
借りた弓矢では最高15点だったが、自前の弓矢にしての1回目が22点だった。
初心者としては上々の出来と褒められた。楽しみだ。ガンバロー。

四半的・・・2016年11月03日

アーチェリーは数年前に肩を痛めてやめたが、代わりにこの地方一帯特有の
四半的という弓技を始めた。
これで九州唯一のベアボウ・アーチャーが完全に消えたことになる。

戦国大名で飫肥城城主の伊東氏が、島津氏に攻められたとき、近在の農民が
加勢して島津氏を撃退したことがあり、その恩賞として農民に遊びとして小型の
弓を持つことを許可したのが始まりで、いまも続いている。

私の住む宮崎市の大宮地区だけでも3団体のクラブがあり、市内では数十団体
あり、県内で年間数十回の競技会が行なわれるほど盛んなスポーツである。

四半的という呼び名の由来は、弓の長さと矢の長さ4尺半、的の直径4寸半、
射距離4間半と、すべての寸法が四と半で構成されていることによる。

引き絞った弦の張りの強さは、約4kgでアーチェリーの1/4程度なので、
膂力が落ちてきても十分楽しめるため、競技人口の大半は高齢者で占められ、
私のような70代前半位はずっと若い部類に属する。

前にアーチェリーをやっていたので、8.2mという近距離で、13.5cmの的など
簡単、簡単と思っていたのだが、実際に射てみると矢はとんでもない所へ飛ぶ。
昨日まで借りた弓と矢を使っていたが弓にも矢にもそれぞれに個性があるそうで、
早く自分の弓と矢を持って、それに慣れないことには練習の甲斐がないらしい。

16.11四半的道具

それで昨日、自前の弓と矢を、大枚をはたいて買ってきた。
アーチェリーを下取りしてもらったので、かなりの助けにはなったが。
安いのと高いのと2種類あって迷ったのだが、結局は高い方にした。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
エントリー一覧
最近のエントリー
カテゴリ
最近のコメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。